In the Mountain

考古学勉強日記
 スポンサーサイト
 --年--月--日 (--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) | 

 曽谷貝塚
 2005年08月14日 (日) 20:30:21

8/2、曽谷貝塚に行ってきたよ

『概要』
市川市曽谷の早期後葉から後期末までの遺跡
(※貝塚を形成するのは中期末~後期末)
中央の窪地の周囲に馬蹄形貝塚を形成
長径は南北に約240m、東西に約210m
短径は南北に約210m、東西に約80m
国内最大の貝塚であると考えられる

『歴史』
1893:山崎直方らが調査
   →京葉の大貝塚に石器が少ないことを指摘
1935:大場磐雄が調査
   →埋葬人骨2体を得る
1937:山内清男が調査
   →曽谷式土器を層位的に検出
1950:東京大学人類学教室の発掘
   →竪穴住居跡や人骨を発見
1959:明治大学が地形測量と発掘
   →馬蹄形貝塚であることが判明
1962:明治大学が横断トレンチを調査
   →竪穴住居跡や人骨を発見
1965:千葉県教育委員会が調査
   →竪穴住居跡や人骨を発見
1974-77:市川市教育委員会による調査
     →1979に国史跡に指定

『雑感』
史跡指定されていない周辺の畑地にも貝が散布
東部・中央部に若干の宅地化が進んでる
教育関係のものは看板1つしかなかった
 →ただの空き地のような扱い

『付加』
胎児一体分の骨を収蔵する甕棺(堀之内Ⅰ式)
馬蹄形貝塚
・東葛台地に特有な凹地地形を利用した集落による
・長期的な居住によりブロック貝塚が発展
・集落によって捨て場を規定されたものではない
・開口部は生産の場(海etc)に直結する場ではなかった

『参考文献』
杉原荘介・戸沢充則 「市川市史」 1 1971
戸沢充則 『縄文時代研究事典』
スポンサーサイト

見聞 | TB : 0 | CM : 0 | 

 上本郷遺跡
 2005年08月07日 (日) 22:26:46

写真もアップしようと思ったんだけど、それはまた今度

7/23に上本郷遺跡(松戸市)に行きました
ってか7月かよまぁまぁまぁまぁ

で、この上本郷遺跡てのは学史上は有名な遺跡なのです
かの山内清男氏(以下敬称略)の論文「下総上本郷貝塚」にも登場します

上本郷貝塚の発掘が行われたのは1922年、山内20歳の年です
当時は土器も
・厚手式(大森貝塚出土)
・薄手式(陸平貝塚出土)
と分類されていたのです

これに対する見解として
・鳥居龍造説(両者の生活様式の差異による民族的違い)
・松本彦七郎説(進化論・層位よりみるに時間・地域の違い)
との両説が並立していた
この状況を解決したのが上本郷貝塚の発掘である。
上本郷からは黒浜~安行と大変広い期間の土器が発掘された
現在は皆様もご存知の通り、時間・地域によって型式が異なる、と

で、遺跡の現況
えーとね、ほとんど残ってないです
神社(明治神社)の境内に若干の貝散布地が見られる程度
多分貝層の露頭だとは思います

見聞 | TB : 0 | CM : 0 | 

 古墳の話:小林行雄
 2005年08月02日 (火) 23:21:11

六堂会という古墳に発掘に行くので古墳の勉強なんかもするわけです
だもんで超基礎中の基礎だと思うってか基礎も知らないのはまz

古墳に直接関係あることとかをノート代わりに

古墳の埋葬者
・極論、無理
 ・祭祀の断絶とともに忘れ去られてしまう
  ・延喜式には記録残ってるが江戸時代には忘れ去られ始める

年代
・天皇陵を基準
 ・型式変化を見る
  ・喜田貞吉の研究
   ・箸墓→応神→仁徳→安閑→聖徳太子→小野毛人→天武・持統
   ・前方後円墳→円墳・方墳、竪穴→横穴の変化
 ・中国製の鏡
  ・渡来してから埋められるまでに長い時間=役立たず

なぜ前方後円なのか
・後円部
 ・古墳時代を通じて円墳は続く=確実に埋葬のため
・前方部
 ・四世紀…頂部は長方形で平坦。円丘より低い  ex.崇神・景行
  五世紀…前方に向かって高さを増す斜面に作られる→円丘と同程度以上  ex.仁徳・履中
  六世紀…五世紀の特徴+全体的に縮小

  自然地形の利用→人口の墳墓
  祭祀重視   →形重視(濠で祭祀拒絶とか)
  竪穴         →         横穴

六世紀の小型化
・円丘が小型化
 ↑横穴式石室の採用
  ・石室の後部は墳丘の中心に、前端は外側面に
  ・石室は大きくても15m級→円丘の直径も最大で30-40m
・祭祀の衰退に伴い方丘の消滅→円墳乃至方墳の発達
・最後の前方後円(敏達・欽明) ※関東では7cでも

文献 | TB : 0 | CM : 0 | 

copyright © 2005 In the Mountain. All Rights Reserved.
  
Item+Template by odaikomachi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。