In the Mountain

考古学勉強日記
 スポンサーサイト
 --年--月--日 (--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) | 

 私情吐露
 2005年11月18日 (金) 00:59:10

や、ごめんそんな大げさなものじゃない。
研究って分類にするほどのものじゃないけど、考古学な事だから。
ややややや、研究って分類が大げさとかそういう文句は受け付けない。
というか、そもそも考古学な事かも自信がないけど。
学問志向って言われたので、普通の事も書いてみようかとってそれだけで。

考古学研究会の勉強会の話。
えーと、身内が見てるってことを前提で書くので、少しオブラートで。
オブラートとか言っておいてあれだけど、正直来年からの方向性に迷っている。
自分は来年も勉強会に行くのか、それとも行かないのか。
そもそも、来年は旧石器・縄文時代勉強会があるのかどうかとか。

僕の好きな言葉に鳥居龍蔵の
「私は私自身で生き、私のシンボルは私である」
という言葉がある。
僕は僕以上のものでも、僕以下のものでもない。
そして僕は誰のものでもなく、僕自身のものである。
僕の普段の生活態度はこれを地で行ってるものかもしれない。
人によっては、自分勝手に映って許しがたいこともあるだろう。
けれど僕は、自分を大事に出来ない人が他人を大事にできるとも思えないのだ。

話がそれた。
来年、というか今も僕が考えることは僕にとってどうすることが一番であるか。
どうすることが僕の学問を一番磨くことになるのか。
僕にとってはこれが一番大事なことだと思う。
だから、根回し会議は来週になったけど、その時にどうするかも考えものだ。

自分は自分のものだ。
自者の概念だけでなく、他者との関係性にどこで折り合いをつけるか。
難しい、難しいったらありゃしない・・・


追記
その考古学研究会の友人のサイトの名が変わったのでリンク先も変更。
二十歳、おめでとうございます。
これからも、より一層の君のご活躍をお祈りしてます。
スポンサーサイト

普通日記 | TB : 0 | CM : 0 | 

 COMMENT

 COMMENT POST







 
 管理者にだけ表示

 Trackback

  ♪ この記事のURL
   http://archaeology320.blog17.fc2.com/tb.php/29-484de69f


copyright © 2005 In the Mountain. All Rights Reserved.
  
Item+Template by odaikomachi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。