In the Mountain

考古学勉強日記
 スポンサーサイト
 --年--月--日 (--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) | 

 考古学とは(1)
 2005年12月07日 (水) 01:13:14

考古学とは何か。
この学問に本気で携わる人なら誰しもが疑問に思うであろう。
そして誰しもが大なり小なり違った答えを得るのであろう。
今、Kanon君がそれをブログで考えている。
僕も、ここで考えてることを形にしつつまた考えてみたい。
一番良く聞かれる定義は濱田耕作が訳した
「考古学は過去人類の物質遺物(に拠り人類の過去)を研究するの学なり」
ではないだろうか。
考古学というものは良かれ悪しかれ文献史学との関係において語られる。

・遺物遺跡に拠り本邦歴世の風俗、制度、文物、技能を明らかにする(坪井正五郎)
・過去人類の残存に係る物質的資料(遺物)を組織攷究して過去の文化を追求するの学(大場磐雄)

などは所謂モノと呼ばれる考古学資料から過去の情報を引き出していく、
その手法に着目した定義づけである。

プロセス考古学やポスト・プロセス考古学など遺物遺構以外から大胆に過去を復元しようとする動きが盛んな現在では、これらの定義は「現在の考古学」全体の定義とはできないかもしれない。
仮に、ここでは「狭義の考古学」としておきたい。
スポンサーサイト

研究 | TB : 0 | CM : 1 | 

 COMMENT

  Title...  b y BlogPetのとびまる
疑問や答えとかを学問しなかった?


2005.12.09 (10:12) * URL [EDIT]

 COMMENT POST







 
 管理者にだけ表示

 Trackback

  ♪ この記事のURL
   http://archaeology320.blog17.fc2.com/tb.php/38-76b8d407


copyright © 2005 In the Mountain. All Rights Reserved.
  
Item+Template by odaikomachi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。