In the Mountain

考古学勉強日記
 スポンサーサイト
 --年--月--日 (--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) | 

 ジレンマ
 2005年12月27日 (火) 00:07:53

サークルの勉強会の一年の総括として論文を頼まれている。
で、あいも変わらず「焼町土器」について調べている。
自分のやりたいことの理論的なバックグラウンド、学史的裏づけ、
それと焼町土器の学史もある程度整理して、さあ!
というところで見事にジレンマに陥っている。
僕の方向性として考えているのは、土器群の分布を動態的に捉えること。
これは時間軸を使って捉えたり、情報量から捉えたりと方法はあるけれど、
なんにしろジレンマに陥ってしまう。

で、実際にやっていることはまず最初の段階として土器群の中心域を捉えること。
そのために計量地理学の勉強なんかもしている。
分布の中心域を特定し、そこの層位的変化から土器群の母体を探ろうという考えだ。

けれど、土器群の定義無しに分布・中心域について考えることは厳密に言えばできない。
けれど、定義を決めるためには周辺域でなく中心域を使いたい。
異系統土器の問題がからんでくるからだ。
うーん、まいったなぁ・・・
スポンサーサイト

普通日記 | TB : 0 | CM : 0 | 

 COMMENT

 COMMENT POST







 
 管理者にだけ表示

 Trackback

  ♪ この記事のURL
   http://archaeology320.blog17.fc2.com/tb.php/41-afc3be21


copyright © 2005 In the Mountain. All Rights Reserved.
  
Item+Template by odaikomachi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。