In the Mountain

考古学勉強日記
 スポンサーサイト
 --年--月--日 (--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) | 

 Argument 1
 2005年12月27日 (火) 00:55:23

「考古学の正道」として河合氏の著作の思う所を先日書いた。
それに対して頂いたTB元の記事に対して、
考古学徒として諸々言いたいこともあったので筆を(?)とる次第です。
※>に続くイタリックは引用を示します。
 無断引用であるため、ノルト氏からの抗議があれば削除いたします。
 引用元:良い子の歴史博物館(http://blog.goo.ne.jp/cfsasaki/e/747324f2cd1bdaddf98dc174f7e7e6a2)
「石器時代」という概念自体が、19世紀の学者の提唱で始まったものだが、何の根拠も無いまま一人歩きして育っているのではないか?

僕はまず、なぜ根拠が無いというのか、その根拠がわからない。
wikipediaの記述にも舌足らずな点があると思うのだが、
この三時代区分法はトムゼンがデンマーク王立博物館の収蔵資料を整理した際に人類史を利器を持って分類したものであり、
厳密な言い方をすれば「時間区分」ではなく「技術区分」である。
それこそノルト氏の引用元の"人類が石材を用いて道具や武器をつくっていた時代"の通りである。
「石器時代」という用語の定義が人類の利器という明確な考古学的資料、その層位、更には文献に基づいている定義である以上、
これに対する疑念を提示するならば何らかの、
それこそ疑念の「根拠」を提示する必要があるのではないだろうか。

更に言えば、世界中で同時に石器時代であった等と言う事はありえない。
仮に現在金属器でなく石器を使っている民族がいれば、
その民族は「石器時代」ということになり、
金属器も使っているならば「金石併用時代」ということになろう。
これはもはや石器時代という用語の解釈を正しくできているか、という点につきよう。


それぞれの人種が違う「猿」の系統から出たなら、もっと人種間に違いがあるんじゃないか

では伺うが、どの程度の違いがあれば納得するというのであろうか。
更には、人類史のどの段階に「猿」と「ヒト」の境界を置くのであろうか。
個人的かつ一般的な所見であるが私は直立歩行段階、
ノルト氏の言葉を借りるにしても猿人段階から「ヒト」と言っていいのではないかと思う。
「欺瞞性」などど過激な言葉を使用しておられるが、
はたして現在もその言葉を使用するのであれば人類の進化に対して、
現在の人種間における形質の違いに対してどれほどの理解があるのだろうか。


各種の年代測定法だが、大抵、幾つものパラメータを仮定して、
 それが正しいという前提で計算される。
 実際のところ、絶対確実なものはない。
 結局は、このぐらいの古さにすれば、辻褄が合うから、ということで、
 年代発表となっているのではないか?


半分は、おっしゃる通りである。
極端な言い方をすればすべての理化学的年代測定法は仮定に則っている。
しかし、その仮定に起因する誤差も併記している事が多いのが学術書である。
そうしない、一般人向けの本では"約"と冠していたり端数を切り捨てるのが常である。
しかし、後半部分にはどうにも承諾しがたい。
縄紋時代の初源を巡って長期編年派と短期編年派で論争があったように、
理化学的年代測定法はむしろ考古学に関係なく年代を出す節もある。
これは考古学者でなく主に理系の化学者が担当していることもあろう。
年代測定に出してみたらあまりの古さに逆に考古学界が驚くということもある。


**********
藤村新一の事件は確かに考古学界の多くの汚点を抉り出したと思う。
しかしだからといって、何でもそれにこじつけて批判できると思ったら大間違いだ。
論拠なき批判はそれは学問的姿勢ではなく、ただの揚げ足取りである。
批判をするにはそれなりの論拠が必要であり、そのための知識も必要である。
考古学を愛する者として、最後につけくわえておく。
スポンサーサイト

研究 | TB : 1 | CM : 5 | 

 COMMENT

  Title...残してね  b y ノルト
こんにちは。
ノルトです。
この記事は消さないで、残してください。
ノルトの方でもここを引用させてもらっているからです。
この記事にもTBさせていただきましたが、
一応、可能な限り反論及び回答を書きました。
ノルトの記事はまとまりがなく、
しかも、ご批判全てに満足の行くような回答になっていないのですが、
どうかご容赦ください。
以上、よろしくお願いします。
2005.12.30 (08:08) * URL [EDIT]
  Title...  b y BlogPetのとびまる
きょう、ここへイタリックへ引用した。
ここへ抗議されたみたい…
2005.12.30 (13:14) * URL [EDIT]
  Title...  b y BlogPetのとびまる
きょう、すぎわらで徒っぽい削除した。
すぎわらは引用したよ♪
きょうとびまるはここで引用するはずだったの。
2006.01.06 (13:34) * URL [EDIT]
  Title...  b y BlogPetのとびまる
きょうとびまるはすぎわらの考古学みたいな引用するはずだったみたい。
2006.01.13 (13:55) * URL [EDIT]
  Title...  b y BlogPetのとびまる
大きい記事とかを削除したかったの♪


2006.01.20 (13:34) * URL [EDIT]

 COMMENT POST







 
 管理者にだけ表示

 Trackback

  ♪ この記事のURL
   http://archaeology320.blog17.fc2.com/tb.php/42-453b89fd


石器時代に関する基本概念が間違っているのでは?との指摘があります。ノルトの書いたものに根拠がないとの批判を受けています。根拠を提示しろという実に理にかなったご指摘ですが、ほとんどが二十年ぐらい前に読んだ手元に無い資料に基づくものばかりなので、残念ながらき
2005/12/27(火) 12:24:02 | 良い子の歴史博物館
copyright © 2005 In the Mountain. All Rights Reserved.
  
Item+Template by odaikomachi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。