In the Mountain

考古学勉強日記
 スポンサーサイト
 --年--月--日 (--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) | 

 原典に帰る
 2006年03月01日 (水) 21:39:57

景公問晏子曰、人性有賢不肖、可學乎。
晏子対曰、詩云、高山仰之、景行行之。
之者其人也。
故諸侯並立、善而不怠者為長。
列士並學、終善者為師。
「人には生まれつき賢愚の別がある」
この命題を否定することは、薄っぺらなきれいごとをはかなければできない。
だから、賢にあらざる僕は学び、修めることによって上を目指す。
高い山は人に仰がれ、大道は人々の道標となる。
そのようになれるかは、僕の努力次第だ。

最大限の努力をしているか?
理想を現実から逃げる手段にしていないか?
現実で理想がねじまげられてはいないか?

まだまだ、何かが足りない。
スポンサーサイト

普通日記 | TB : 0 | CM : 1 | 

 COMMENT

  Title...  b y BlogPetのとびまる
ネットで詩云や、詩云とかを並立すればよかった?


2006.03.03 (12:55) * URL [EDIT]

 COMMENT POST







 
 管理者にだけ表示

 Trackback

  ♪ この記事のURL
   http://archaeology320.blog17.fc2.com/tb.php/63-26fc51eb


copyright © 2005 In the Mountain. All Rights Reserved.
  
Item+Template by odaikomachi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。