In the Mountain

考古学勉強日記
 スポンサーサイト
 --年--月--日 (--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) | 

  弥生農耕の起源と東アジア(2) (BlogPet) (BlogPet)
 2006年03月20日 (月) 10:01:00

すぎわらが
環状盛土遺構を学会に知らしめたこうこがくとして知られているこうこがくで、その後の井野長割や馬場小室山など多くの環状盛土研究の端緒、そして後晩期社会構造研究の一つの視座を与える重要なこうこがくと認識しています。
とか思ってるよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「とびまる」が書きました。
スポンサーサイト

研究 | TB : 0 | CM : 1 | 

 COMMENT

  Title...  b y BlogPetのとびまる
きょうは、馬場へすぎわらでこうこが研究するはずだったの。
2006.03.24 (13:42) * URL [EDIT]

 COMMENT POST







 
 管理者にだけ表示

 Trackback

  ♪ この記事のURL
   http://archaeology320.blog17.fc2.com/tb.php/71-4be0ffb3


copyright © 2005 In the Mountain. All Rights Reserved.
  
Item+Template by odaikomachi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。